EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.07.31 ECモール

ZOZO1Qは増収増益、ゾゾスーツ配布減などで営業利益32%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ZOZOが7月30日発表した2020年3月期第1四半期(4~6月)連結決算は、売上高が前年同期比6.2%増の281億9700万円、営業利益が32.6%増の77億8600万円、純利益が27.9%増の53億2600万円と、2年ぶりに増益に転じた。


ZOZO決算決算資料表紙

 

広告宣伝費・人件費減で利益率が改善

 第1四半期の商品取扱高は同12.5%増の792億3700万円。うちZOZOTOWN事業は同11.7%増の763億円、PB事業は同306.7%増の4.6億円だった。販売費および一般管理費は同0.6%増の184億8300万円となったが、商品取扱高に対する割合は23.3%と、前年同期と比較して2.8ポイント低下した。

 

 利益率改善の要因としては、、PB事業の方針変更に伴って「ZOZOSUIT」の大量配布の必要性がなくなったこと、大掛かりなプロモーション施策を保留したことで広告宣伝費率が低下したこと、前期に行った賞与支給方針の変更に伴う影響が第2四半期期間で収まったことにより人件費率が低下したことなどを挙げている。

!nextpage!

新規出店は「ムラサキスポーツ」など68ショップ

 ZOZOTOWN事業の売上高は同4.8%増の198億9200万円を計上。構成比は91.7%と前年同期に比べて0.5ポイント増加した。第1四半期に新規出店したショップ数は68ショップ(純増52ショップ)で、大手スポーツ用品小売「ムラサキスポーツ」、英国発デザイナーブランド「ANYAHINDMARCH」、スポーツサンダルブランド「CROCS」などが新たに加わった。なお、「ZOZOARIGATOメンバーシップ」を理由とした退店ショップは1ショップで、同施策を発端とした退店の動きは収束を迎えたとしている。

 

ZOZO決算

 

 また、プロモーションを実施しなかったことなどの影響もあり、新規会員の獲得ペースが鈍化し、前四半期比で年間購入者数は減少している。平均商品単価についても前年同期比で減少した。

 

PB事業は298%増益、商品取扱高は306%増

 一方、ユーザー個人の体型に合わせた自社商品を販売するPB事業の売上高は、同298.6%増の4億5200万円と好調に推移。商品取扱高は同306.7%増の4億6200万円で、商品取扱高に占める割合は0.6%と前年同期から0.4ポイント増加した。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。