EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.07.11 調査・統計

19年度食品通販市場は3.7兆円、ECが生協に肉薄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)矢野経済研究所が10日発表した19年度の国内食品通販市場は、前年度比3.3%増の3兆7138億円となる見込み。22年度は小売金額ベースで4兆966億円に達すると予測している。

 

食品通販市場規模の推移と予測

 

 チャネル別では、1位「生協」、2位「ショッピングサイト」となったが、両者はほぼ横並びとなっている。食品は本来、店頭で実際に自分で商品を確かめて購入したいというニーズが高いが、年々通信販売で購入することが消費者の間で定着。さらに個人の食品に対するニーズの多様化が進み、食品通販の市場拡大につながっている。

 

食品通販のチャネル別市場規模構成比(2018年度見込)

!nextpage!

食品通販では企業間連携が増加傾向

 食品通販市場では、各サービスによる顧客の囲い込みが続き、異なる分野を強みとする企業間が連携して、相乗効果を狙う動きが加速している。特に、商品力・販売力・集客力を強みとするECサイトやネットスーパーの運営事業者と、物流を強みとする企業との連携が目立っている。その理由については、ネットスーパーでは物流上の制限により出荷枠を増やせない現状があるからだと、同社は指摘。物流基盤を強みとする事業者と提携し、売上高拡大を狙うネットスーパー運営事業者が増えているからだとしている。

 

19年度はショッピングサイトが首位に?

 食品通販市場は19年度以降も、2~3%前後の伸長率で緩やかに拡大が続く見込み。22年度の国内食品通販市場は、小売金額ベースで4兆966億円に達すると予測している。さらに、19年度はショッピングサイトが生協を抜き、首位となると予想している。

 

増税の影響は軽微、内食化・家飲みで通販に追い風

 19年10月からの消費税増税の影響については、食品は基本的に軽減税率の適用により消費税8%が維持されるため、さほど大きな打撃を受けないと予想。その一方で、全体的に消費者の節約志向が強まることから、食品に対しても価格の安い商品の需要が高まるとみている。

 

 また、外食が軽減税率の対象から外れたことにより、テイクアウトや自宅での調理といった内食化が進むと予想されることから、食品通販にはプラス材料になる可能性が高い。酒類は軽減税率の対象から外れるため、19年9月には増税前の駆け込み需要が急増する見通し。また、外食が10%適用になるため「家飲み」が増加すると、同社では予想している。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。