EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.12.27 通販支援

リスト型攻撃が多発、実害も…18年ECセキュリティ事故を総括

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>

 ここ数年、ECサイトなどへの不正アクセスで、クレジットカード情報などの個人情報が流出する事件が急増している。今年の4月からは、改正割賦販売法によりクレジットカード情報の非保持化が義務づけられ、セキュリティ事故は減少したものの、2018年は高度化した新たな不正アクセスや、すでに流通してしまっている個人情報を悪用した大規模なリスト型攻撃が起きた。既出の個人情報を活用したリスト型攻撃に対し、通販会社はどう対処すればいいのか。不正検知サービスを提供し、不正アクセスやリスト型攻撃などのセキュリティ事故に精通するかっこ(株)に、2018年の不正アクセス事故を振り返りながら、今年の傾向、今後の対策などについて聞いた。

 

(左)かっこ(株)ソリューション事業本部事業開発ディビジョン

アシスタントマネージャー 川口祐介氏

(右)かっこ(株)ソリューション事業部セールス&マーケティンググループ

 グループマネージャー 青木泰貴氏

 

ここ2年間でEC関連の個人情報流出は16万件

 ECサイトへの不正アクセスで個人情報が流出した事件は、昨年から今年にかけて、公表されたもので46件あり、流出した個人情報の合計は約16万件に及ぶ。ただ、17年は年間30件のセキュリティ事故があったが、18年は16件となり、大きく減少した。カード情報ともにセキュリティコード(SC)も流出するケースが多く、昨年は30件のうち23件、今年は16件のち9件、カード情報とともにSCも流出した。

 

 前年との比較で不正アクセスによる事件は大幅に減少しているが、これは4月からカード情報の非保持化が義務づけられたことも大きい。今年の4月以降、個人情報流出の事件は減少する傾向になった。

 

2018年の主な不正アクセスによるECサイトの個人情報流出事故

(クレジットカード情報を含む事故のみ)

 

この続きは、通販通信ECMO会員の方のみお読みいただけます。(登録無料)

※「資料掲載企業アカウント」の会員情報では「通販通信ECMO会員」としてログイン出来ません。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。