EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.07.26 ECモール

京東、中国の高速鉄道駆使し48時間以内に「マツタケ」配送

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国のEC大手「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団は25日、同社のコールドチェーンテクノロジー(生鮮食品などを生産・輸送・消費の過程の間で途切れることなく低温に保つ物流技術)と高速鉄道網を駆使して、雲南省の新鮮なマツタケを顧客に提供する新たなサービスを開始したことを発表した。

 

 

高速鉄道で北京・上海など6大都市に輸送→主要駅から顧客へ直接配送

高級レストランやビジネスパートナーなどBtoB向け供給も

 中国では250~350キロ以上の速度で走る高速鉄道が2万キロ以上張り巡らされており、輸送網としても活用されている。今回の取り組みでは、雲南省内で採れたマツタケを、昆明にある高速列車のストッキングエリアに運び、北京・上海・広州・武漢・南京・成都の6都市に鉄道網を使って運ぶ。その後、京東物流ネットワークにより、高速鉄道駅構内の特別区域から顧客に直接配送する。こうした高速鉄道の活用により、発注後48時間以内に顧客にマツタケを届けることが可能となった。

!nextpage!

 マツタケは中国でも希少で高価な食品として珍重されており、同社では小売戦略(RaaS)の一貫として、個人だけでなく、ビジネスパートナーや高級レストランなどにもマツタケを供給する考え。

 

中国300都市以上をカバーする生鮮食品の宅配網を構築へ

 

 同社では、配送拠点から顧客の手元に荷物が届くまでの「ラストワンマイル」を重視。今年、北京に初となるコールドチェーンを活用した自動ソーティングセンターを建設し、1日に1万8000件の注文を仕分けすることを可能とした。また、中国では17年にオンラインで購入された生鮮食品が前年度59%増の約1400億元に上るなど、生鮮食品の需要が確実に伸びていることから、中国全土の300以上の都市をカバーする生鮮食品の宅配網についても構築を進めている。

 

 京東集団の王輝副総裁は「今回、中国の高速鉄道網と京東のコールドチェーン技術の革新的な組み合わせにより、生産地を問わず、生鮮食品の鮮度を保ちながら短時間で配送することが可能になった」とコメントし、新たな取り組みに対して期待を込めた。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。