三陽商会、観光前の店舗商品の予約アプリ「フリギーゴー」導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)三陽商会は6日から、中国人観光客が海外旅行の前に、日本をはじめ海外にある実店舗の商品をあらかじめアプリで閲覧・予約できるサービス「フリギー購(ゴー)=Fliggy Buy」を導入する。国内アパレル企業では初めてとなり、東京・銀座にリニューアルオープンする直営店「GINZA TIMELESS 8」でサービスをスタートさせる。

 

 

「フリギー購=Fliggy Buy」が観光客の買い物を効率化

 政府観光局によると、2018年のインバウンド客数は過去最高の約3119万人で、前年比8.7%増。アジア圏からの訪日外国人客が86%を占め、うち中国からの割合は32%に及んでいる。GINZA TIMELESS 8では従来から、中国人観光客にも人気の高いブランドや中国語での接客対応をとり入れてきており、フリギー購の導入も、より良いサービスの提供につながると判断した。

1 2

関連記事