キリンHD、ファンケルの筆頭株主に…1293億円を出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲料メーカー大手のキリンホールディングス(株)と化粧品や健康食品を手がけるファンケル(株)は6日、資本業務提携の契約を結んだと発表した。キリンは9月6日をめどに1293億円を出資し、ファンケルの創業者らが保有する株式総数の33%(議決権比率)を取得。これによりキリンは筆頭株主に、ファンケルはキリンの持ち分法適用会社となる。

キリン、ファンケルの株式33%を取得…取得日は9月6日を予定

 キリンは、「食と医の領域」で培ってきたブランド力や研究開発力に加え、独自性の高い素材を多数保有しているのが強み。ファンケルは、独自の研究開発力に加え、直販や直営店舗、流通チャネルなどの販売経路、顧客との継続的な信頼が強み。

1 2

関連記事