2019.7.31

ファンケル1Q、5.6%の純益増、化粧品・健康食品ともに好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ファンケルが30日発表した2020年3月期第1四半期(4~6月)連結決算は、売上高が前年同期比5.7%増の325億4400万円、営業利益は同2.5%減の43億7700万円、純利益は同5.6%増の33億3900万円となった。

通信販売ではヘビー層の売上が回復

 第1四半期は、国内売上・インバウンドともに堅調に推移し、主力の化粧品関連事業、栄養補助食品関連事業が増収に。その一方で営業利益は、栄養補助食品関連事業を中心にマーケティング費用を増加させたことなどから減益となった。通信販売では新メンバーズサービスを開始したことによりヘビー層を中心に売上が回復。平均購入単価が前年度比で4.3%増加した。

 

ディープクリア洗顔パウダー好調、ファンケル化粧品の売上は10%増に

 化粧品関連事業の売上高は同8.2%増の195億2800万円、営業利益は同7.1%増の37億9000万円を計上。このうち通信販売は、同5%増の70億8100万円と好調に推移した。

1 2

関連記事