2019.7.29

マツキヨ、機能性表示食品3種を新発売…店頭でカウンセリングも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツキヨで機能性サプリ

(株)マツモトキヨシホールディングスは25日、プライベートブランドの「matsukiyo LAB(マツキヨラボ)」のサプリメント新シリーズとして、機能性表示食品「matsukiyo LAB機能性サプリメント」3種を8月10日から全国のマツモトキヨシグループ全店で発売する。※一部店舗を除く

 

マツキヨで機能性サプリ

 

第1弾はルテイン・L-テアニン・イチョウ葉

 今回発売するのは、コントラスト感度を改善する機能を表示する『matsukiyo LAB機能性表示食品・ルテイン』、睡眠の質を高める機能を表示する『同・L-テアニン』、記憶力を維持する機能を表示する『同・イチョウ葉』の3種。matsukiyo LAB店舗に来店した顧客の「どのサプリメントを選んだらよいか分からない」という声をもとに、マツモトキヨシの管理栄養士が監修のもと開発した。

 

 『matsukiyo LAB機能性表示食品・ルテイン』には、黄斑色素密度の増加によりブルーライトなどの光のストレスから目を守る機能や、コントラスト感度(ぼやけ・かすみをやわらげくっきり見る力)を改善する機能があることが報告されるルテイン、ゼアキサンチンが含まれる。

 

 『同・L-テアニン』は、夜間の睡眠の質を高める(起床時の疲労感や眠気を軽減する)ことが報告される、L-テアニンを含有。『同・イチョウ葉』には、認知機能の一部である記憶力(加齢により低下する日常生活で見聞きした情報を覚え、思い出す力)を維持する機能があることが報告されるイチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトンが配合されている。

 

 内容量は『ルテイン』が30粒入(30日分)『L-テアニン』が60粒入(30日分)、『同・イチョウ葉』が120粒入(30日分)。価格は各1580円(税込)。

1 2

関連記事