日本のアプリユーザー、DLから購入までは約46時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイル計測と不正広告防止で業界大手のAdjust(株)(本社:ドイツ)と、モバイルアプリ向けのパフォーマンスマーケティング・プラットフォーム、Liftoff Mobile(株)(本社・米国)は24日、スマートフォン経由の取引がけん引するショッピングアプリの動向に関する共同調査結果を発表した。日本のアプリユーザーは、ショッピングの継続率が他の地域と比較して高いが、アプリをダウンロードしてから購入までの時間が平均で1日と21時間51分かかることがわかった。

 

 「モバイルショッピングアプリ・リポート」の調査期間は2018年4月~2019年3月。日本とドイツ、インドネシア、米国、英国の5か国を含む北米、EMEA(欧州・中東・アフリカ)、APAC(アジア太平洋)の各地域を対象に、ユーザーの獲得やつながり、コンバージョン(成果)の傾向などを比較検討した。対象とした国・地域とも、この1年の普及と購買行動の高さが顕著に表れ、日本のユーザーに関する分析も興味深い結果となった。

 

 データは、約1360万のアプリインストール、390万アプリ内イベントにおける909億件の広告インプレッション(広告が表示された回数)を対象とした。昨年の分析対象件数の倍になったという。

 

日本のユーザーは購買意識、継続率が高い

 

 

 

 日本のユーザーのショッピングアプリの「継続率」は他地域と比較して高く、ショッピングアプリへの関心の高さがうかがわれる。1日目の数値20%は調査全体の最高値となり、「7日目でも10%という優秀な値を維持している」と分析している。

1 2

関連記事