経産省、コード決済ガイドライン徹底を要請…7pay問題で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省は5日、(株)セブン&アイ・ホールディングスの子会社(株)セブン・ペイが運営するスマートフォン決済サービス「7pay」で、第三者による不正利用がされた事案を受け、決済事業者などに対して不正利用防止のための各種ガイドラインを徹底するよう求めた。

各種ガイドラインの遵守を改めて要請

 同省および総務省と民間事業者や経産省らで構成されたキャッシュレス推進協議会では、19年3月29日に「コード決済に関する統一技術仕様ガイドライン」(利用者提示型および店舗提示型)、4月16日に「コード決済における不正流出したクレジットカード番号等の不正利用防止対策に関するガイドライン」をそれぞれ制定。QRコードを従業員に見せて決済する「7pay」は、利用者提示型のコード決済に該当する。しかし、「7pay」のセキュリティ対策は、同ガイドラインの基準を満たしていなかった。

1 2

関連記事