2019.6.27

楽天オプティミズムで体験型イベント「フューチャー・ワールド」開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Rakuten Optimism 2019

楽天(株)は26日、7月31日~3日の計4日間、パシフィコ横浜で開催するグループ最大規模のイベント「Rakuten Optimism(楽天オプティミズム)2019」の体験型イベント&フェスティバル「フューチャー・ワールド」の概要を発表した。「フューチャー・ワールド」は、5Gの体験のほか、ショッピング、お買いものパンダ、グルメ、スポーツ、コンサートなど、楽天グループのさまざまなサービスを知って体験できる、家族でも楽しめる体験型イベントとなっている。

 

Rakuten Optimism 2019

(左から)楽天 顧客戦略統括部 ヴァイスジェネラルマネージャーの山岡まどか氏、

楽天ペイメント(株)の中村晃一社長、楽天データマーケティング(株)の有馬誠社長、

楽天 常務執行役員 チーフマーケティングオフィサーの河野奈保氏、楽天技術研究所 代表の森正弥氏

 

楽天グループが総力を挙げて実施

 「Rakuten Optimism2019」は、楽天グループの最新技術を入場無料で体験できる体験型イベント。「5G時代を、先取りしよう。」をテーマに、体験型イベントプログラムのほか、有料チケット制の講演・パネルディスカッションを実施する。「Rakuten Optimism」は昨年9月に米国カリフォルニア州サンフランシスコで初開催され、日本では初となる。楽天は昨年まで、毎年夏に出店者向けのイベント「Rakuten EXPO」を開催していたが、今回は「Rakuten Optimism」で行われる。

 

 「新しい体験を、つぎつぎと。」をサブテーマに展開する「フューチャー・ワールド」では、「近未来体験エリア」「お買いものパンダエリア」「グルメエリア」「ふるさとエリア」「ショッピングエリア」「ライフスタイルエリア」「ジェダイ・アカデミー」の7つの展示エリアを用意。会場内の飲食や物販の決済を、完全キャッシュレス化する。

 

 楽天は15年にユーザー参加・体験イベント「楽フェス2015」を開催しているが、今回は会員だけでなく、すべての人が参加できる。また、昨年8月に表参道に期間限定でオープンし、ユーザーから好評だった「楽天パンダカフェ」、定期的に開催しているグルメの祭典「うまいもの大会」など、楽天が開催する各種イベントの要素を盛り込んだ過去最大のイベントとなる。

 

Rakuten Optimism 2019「フューチャー・ワールド」マップ

1 2

関連記事