2019.6.26

消費者庁、はぴねすくらぶとアルトルイズムに課徴金納付命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁は26日、景品表示法に基づく措置命令を受けていた九州の健康食品通販会社2社に対して課徴金納付命令を出した。対象となったのは、1月に酵素サプリで措置命令を受けた(株)はぴねすくらぶと、3月にヘアケアサプリで措置命令を受けた(株)アルトルイズムの2社。2件とも消費者庁と公正取引委員会事務総局九州事務所の合同調査による案件だった。

 

はぴねすくらぶは酵素サプリで違反、課徴金1581万円

 はぴねすくらぶは、19年1月17日に酵素サプリメント『酵母と酵素deさらスルー』のEC上の表示について措置命令を受けていた。今回、納付命令が出た課徴金額は1581万円。約5年間に及ぶ違反表示が認定された期間中に同商品は約5億2500万円(課徴金額から逆算した値)の売り上げだったとみられる。

 

 同商品は、商品ページで「発酵パワーでダイエット!」「新しいダイエットサプリ」「食べることが大好きなあなたへ!」とするキャッチフレーズを食事の画像と合わせて表示していた。消費者庁は「特段の食事制限をすることなく、成分の作用により、容易に痩身効果が得られるかのように示す表示」と判断、はぴねすくらぶに表示の合理的根拠を示す資料の提出を求めたが、同社は資料を提出したが合理的な根拠と認められなかった。

 

▽関連記事:はぴねすくらぶ、酵素サプリで景表法違反…ダイエット表示に根拠なし

■株式会社はぴねすくらぶに対する景品表示法に基づく措置命令について(消費者庁HP)

■株式会社はぴねすくらぶに対する景品表示法に基づく課徴金納付命令について(消費者庁HP)

1 2

関連記事