2019.5.31

日本郵便も「PUDO」利用開始、宅配ロッカー普及拡大へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本郵便(株)は6月3日から、Packcity Japan(株)が運営するオープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」の一部で、ロッカーで荷物が受け取れる「はこぽす」サービスを開始する。「PUDOステーション」の設置数は日本全国に4000カ所以上。今回、日本郵便の受け取り先追加で、「PUDOステーション」はヤマト運輸・佐川急便・日本郵便の宅配大手3社が利用できるようになり、宅配ロッカーの利用が一気に加速しそうだ。

 

ヤマト・佐川に続いて「PUDOステーション」を導入

 「PUDOステーション」を提供するPackcity Japanは、ヤマト運輸(株)と仏のネオポスト・シッピング社が共同出資した合弁会社。ヤマト運輸だけでなく、他の物流会社も利用できるオープン型で、佐川急便(株)、DHLジャパン(株)、順豊エクスプレス(株)などの受け取り先として利用されている。また、「ZOZOTOWN」「ニッセン」などの通販会社でも、受け取り先に指定できるほか、メルカリやヤフオク!などのCtoCサービスの発送にも活用されている。

 

 日本郵便では独自の宅配ロッカー「はこぽす」を展開しており、「PUDOステーション」は利用していなかった。今後は、インターネット通販サイト・フリマアプリなどの商品購入の際に、「はこぽす」で受け取りができる商品の場合は、受取場所として「PUDOステーション」が指定できる。

1 2

関連記事