2019.5.23

スクロール19年3月期、増収増益で黒字転換…コスト管理を徹底

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)スクロールがこのほど発表した19年3月期連結決算(18年4月~19年3月)は、売上高が前期比14.4%増の711億5300万円、営業利益が30.2%増の16億9700万円、純利益が6億3100万円(前期は10億3500万円の損失)と、黒字に転換した。

 

 同社では、収益力のある「Direct MarketingConglomerate(DMC)複合通販企業」の実現に向け、グループ収益基盤の強化を方針に掲げ、通販事業の安定的な収益基盤の確立、およびグループ各事業における事業環境に合わせた販促投資とコスト管理の徹底に取り組んだ。

 

eコマース事業の売上高は37%増、セグメント利益は124%増

 通販事業の業績は、売上高が前年同期比0.6%増の341億3700万円、セグメント利益は同20.6%増の19億3100万円を計上。求めやすい価格帯の商品や多サイズで展開するアパレル商材の品揃えを増やすとともに、商品企画力の向上に取り組んだ。

1 2

関連記事