2019.2.20

楽天Live・R-messeとは?楽天19年戦略を総まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の1月に「ワンデリバリー」構想を掲げ、自社配送ネットワークを着実に構築しつつある「楽天市場」。昨年はワンデリバリーの他、全店舗で決済手段の統一(ワンペイ=「楽天ペイ(楽天市場決済」)、チャットシステム(R-chat)の導入、商品画像の規則変更など、さまざまな改革を実行した。19年の新春カンファレンスでは、楽天市場の送料を統一する「ワンタリフ」構想が掲げられ、注目を集めたが、実は昨年と同様、さまざまな改革を計画していることがわかってきた。楽天(株)のコマースカンパニーCOO&ディレクターの野原彰人執行役員に話を聞いた。

 

楽天(株)執行役員 コマースカンパニーCOO&ディレクターの野原彰人氏

 

 

楽天市場の「強みと弱み」から新たな取り組みを実施

 楽天の2019年の戦略は、新春カンファレンスで三木谷浩会長兼社長が「楽天市場」の強みと弱みについて語ったように、強みを伸ばし、弱みを改善する取り組みが中心となる。

 

 強みをさらに強化する取り組みは、昨年11月に実装した「チャット機能」の強化、4月に導入予定のAIを活用した「商品価格の最適化機能」、上半期に導入予定の「マーケティングレポートの提供」などとなる。

 

 野原氏は「楽天市場の強みは、多様性やフレキシブルなプラットフォーム、店舗と弊社とユーザーのコミュニケーションです。昨年実装したチャット機能は、いい結果が出ていますので、今年も覚悟を持って強化していきます」と、チャット機能について語った。

 

 

 楽天市場のチャット機能を利用したユーザーと、利用していないユーザーでは、「転換率が8.2ポイントアップしたほか、客単価も74.2%増加した」(野原氏)としている。

1 2

関連記事