2019.1.31

楽天市場全店舗の送料統一、楽天が「ONE TARIFF」開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)が30日開催した「Rakuten新春カンファレンス2019」で、同社の三木谷浩史会長兼社長は、これまで楽天市場の出店店舗が独自に設定していた送料を、全店舗で統一させる取り組み「ONE TARIFF」(ワンタリフ)構想を掲げた。

 

 

年内に送料無料ラインを設定

 送料はまだ決定しているわけではなく、今後、市場調査や楽天会員・店舗へのヒアリングなどを実施し、バランスが取れた適正な送料を設定する。楽天広報によると、現在決定しているのは送料のタイプを「●●●●円以上で送料無料」といった送料無料ラインを設定するタイプにすること、年内に送料が無料になる購入額を設定し、配送サービスを開始すること、年内に設定する送料無料ラインは冷凍や大型を除く通常サイズを対象にしていることの3つ。

1 2

関連記事