2019.1.28

4tトラック配車もスムーズに…ラクスル「ハコベル」に新サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラクスル(株)は2月12日、2tトラックや4tトラックなどによる貨物を取り扱う一般貨物事業者と大手物流荷主向けの求配車サービス「ハコベルコネクト」を開始する。

 

※ラクスルの松本恭攝CEO(写真左端)と泉雄介取締役CTO(写真右端)

 

一般貨物事業者×大手物流荷主向け求配車「ハコベルコネクト」誕生

 ラクスルは、運送会社と荷主のマッチングさせる物流シェアリングプラットフォーム「ハコベル」を提供している。松本恭攝CEOによると「これまでのマッチング率は95.63%と高水準で、ドライバーレビューも5段階評価で平均4以上と高い。運送会社約1800社が導入しており、登録されたトラックの台数は4423台に上る。エンジニアを自社で抱えており、システムを全て内製している」という。

 

※松本恭攝CEO

 

 新たにサービス開始する「ハコベルコネクト」は、2tトラックや4tトラックなどによる貨物を取り扱う一般貨物事業者と大手物流荷主向けの求配車サービス。「ハコベルコネクト」のリリースに伴い、「ハコベル」のサービス体系とサービス名称を変更する。従来の「ハコベル」は、軽トラックやカーゴなどを扱う軽貨物事業者と荷主のマッチングに特化した「ハコベルマッチング」としてサービスを提供する。

1 2

関連記事