2019.1.11

場内をキャッシュレス化!楽天が4月からスマートスタジアム構想実行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は10日、(株)楽天野球団、楽天ヴィッセル神戸(株)と共同で、完全キャッシュレス化を実現する「スマートスタジアム構想」を発表。プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」(以下、「楽天イーグルス」)のホームスタジアム「楽天生命パーク宮城」およびJ1プロサッカーチーム「ヴィッセル神戸」のホームスタジアム「ノエビアスタジアム神戸」で、2019年開幕戦より順次、「スマートスタジアム構想」を実行に移す。

 

 

チケット・飲食・グッズの会計を全てキャッシュレスで

 同取り組みでは、チケットや飲食・グッズなどの販売時に、現金決済に代わってキャッシュレス決済を導入。利用できる決済は、スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ」(アプリ決済)、電子マネー「楽天Edy」、共通ポイントカード「楽天ポイントカード」、「楽天カード」および各種主要クレジットカード、「楽天銀行デビットカード」(JCB/Visa)などのデビットカードとなっている。

 

1 2

関連記事