2018.12.7

eBayグループイベントでウェニグ氏「技術でディスラプトを」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グローバルオンラインマーケットプレイスを運営する米・eBay.incの日本関連会社3社は11月30日、グループ3社の全従業員の交流を図るイベント「eBay Japan-All Hands Meeting」を都内で開催。米国本社のデビン・ウェニグも登壇し、「技術によって、ディスラプト(破壊的なイノベーション)を引き起こそう」と従業員たちを激励した。

 

 

越境EC・国内ECモール・チケット売買、3分野のシナジー創出へ

 現在、日本のeBayグループ企業構成は下記の通りとなっている。

・マーケットプレイス「eBay」を通じた越境EC支援を手掛けるイーベイ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:佐藤 丈彦)

・インターネットショッピングモール「Qoo10」を運営するeBay Japan合同会社(本社:東京都港区、代表:ヘンリー チュン)

・チケット売買プラットフォーム「StubHub」を運営するチケットエクスペリエンス株式会社(本社:東京都中央区、代表:Tod Cohen)

 

 「イーベイジャパン」を関する企業名が2つあるが、会社法上の形態・管掌する事業が異なる別会社となっている。「Qoo10」のeBay Japan合同会社は、今年8月1日付でジオシス合同会社から社名変更した。会社自体の設立は、越境EC事業を手掛けるイーベイ・ジャパン株式会社が先となっている。

 

(参考記事1:Qoo10のジオシス、8月から「イーベイジャパン合同会社」に

(参考記事2:イーベイ、ジオシスの日本事業を買収…日本市場の拠点を大幅拡大

 

 eBayの日本グループでは「越境EC」「国内ECモール」「チケット売買」の領域をカバーをしている。今後は事業連携・ノウハウ共有などによるシナジーをより発揮できるよう連携し、さらなるサービス拡充・開発に努める。

 

デビン・ウェニグCEO「機敏に動くeBayらしいチームを」

 イベントに参加した米国本社のデビン・ウェニグCEOは、「3つのビジネスユニットは1つのチームとして、グローバルネットワークとビジネスを通じ、シナジーを発揮しよう」と参加した約200人の従業員に呼びかけた。「日本はまだ、小さなチームでビジネスを運用している。今後は、チームを大きくするのでは無く、機敏に動くeBayらしいチームを作ろう。技術によって、ディスラプト(破壊的なイノベーション)を引き起こそう」とも激励した。

 

米・eBayのデビン・ウェニグCEO

 

▽関連記事

・eBayジャパン、公認コンサルによる越境EC参入支援を開始

 

・仲里依紗さん「Qoo10はコスパいい」…テレビCM記念イベント

関連記事