2018.12.5

Amazonダッシュ、ボタンなしでも再注文可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンジャパン合同会社はこのほど、専用ボタンを押すだけで商品の注文ができるAmazonダッシュのサービス拡充を実施。ボタンなしでも商品の自動注文が可能になった。

 

 

API公開により様々なIoT機器とアマゾンが接続可能に

 提供開始されたのは「Amazon Dash Repelenishment(アマゾンダッシュ・リプリッシュメント、以下DRS)」。アマゾンダッシュボタン以外のネットに接続された機器から、少なくなった消費財や消耗品を自動再注文できるようにした。APIを公開し、様々なIoT機器とAmazon.co.jpを接続できるようになった。

 

 海外のAmazonではすでにDRSの展開を開始している。すでに、海外ではブラザーやエプソンがプリンターのインク再注文を可能にしたりなど取り組んでいる。

 

スマートショッピングなど、早速連携サービスもスタート

 サービススタートに合わせて日本のIoT機器メーカーも連動したサービスの提供を早速開始している。重量の変動から商品の自動注文を可能にするIoT機器「スマートマット」を開発する(株)スマートショッピングでは、同日からスマートマットとAmazon.co.jpを接続できるサービスをスタートしている。そのほか、自動でウォーターボトルを注文できるウォーターサーバー等が登場している。

 

■Amazon Dash Repelenishment

 

▽関連記事

・スマートマット、Amazonダッシュと連動した自動注文が可能に

 

(古川寛之)

 

関連記事