健食・化粧品の定期購入トラブル、消費者相談が増加…国セン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国民生活センターが8日発表した「PIO-NETにみる消費生活相談の概要」によると、17年度の「化粧品」「健康食品」の相談は16年度に引き続き増加していることがわかった。特に「お試しだと思ったら定期購入だった」という相談が依然として多く寄せられている。また、「通信販売」に関する相談の全体に占める割合は約33.7%で、販売購入形態別では最も多かった。

 

 

定期トラブル、17年度の相談件数は1万8497件

国セン、「PIO-NETにみる消費生活相談の概要」を公表

 同調査は、全国消費生活情報ネットワークシステム「PIO-NET(パイオネット)」によって収集した17年度の消費生活相談情報をまとめたもの。同センターでは「17年度のPIO-NETにみる危害・危険情報の概要」「17年度の越境消費者相談の概要」についても併せて公表している。

1 2

関連記事