白鳩も「送料無料」を廃止へ、日本郵便の運賃値上げ要求で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)白鳩は22日、下着の通販サイト「京都発インナーショップ白鳩『SHIROHATO』」の配送料金を改定し、これまでは5400円(税込)以上の購入で無料としていた送料を、購入額に関係なく有料化する。

 

日本郵便が想定を超える運賃値上げ要求

 改定する送料(税込)の内容は、宅急便が従来の540円から330円、メール便が190円のまま据え置き、従来の5400円以上購入による送料無料が廃止となる。

1 2

関連記事