白鳩も「送料無料」を廃止へ、日本郵便の運賃値上げ要求で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)白鳩は22日、下着の通販サイト「京都発インナーショップ白鳩『SHIROHATO』」の配送料金を改定し、これまでは5400円(税込)以上の購入で無料としていた送料を、購入額に関係なく有料化する。

 

日本郵便が想定を超える運賃値上げ要求

 改定する送料(税込)の内容は、宅急便が従来の540円から330円、メール便が190円のまま据え置き、従来の5400円以上購入による送料無料が廃止となる。

 

 今回の送料改定は、同社の物流を担当していた日本郵便(株)が4月に運賃を値上げしたことがきっかけ。同社では「送料無料サービスなど、配送料金の負担を軽減すべく努力してきたが、今回の運賃値上げ要求は想定を超える額で、一企業の努力では現在のサービスを維持するのが困難になった」とコメントしている。

 

通販・EC業界で送料無料を廃止の傾向も

 通販・EC業界では、物流会社の運賃値上げを機に、これまで一定額以上の購入で無料として送料を、有料化する動きが出ている。

 

 きっかけは、昨年(2017年)10月のヤマト運輸(株)の運賃値上げを受け、(株)スタートトゥデイが同11月からファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の送料を「一律200円」にしたこと。その後、4月の日本郵便の運賃値上げを機に、ニッセンやベルーナ、ファンケルなどが送料無料を廃止(ニッセンは店舗受取で送料無料)した。

 

▽関連記事

 

ZOZOTOWN送料、一律200円に…「送料自由」は終了

 

ベルーナが4月から送料値上げ、総合通販などで送料無料を撤廃

 

ニッセン、宅配の送料無料を撤廃…セブン店頭受取は送料無料を継続

 

ファンケル、運賃値上げで物流費が15億円増加…送料も値上げへ

 

関連記事