2018.6.26

三越伊勢丹HD、通販カタログ事業から撤退…赤字の継続で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)三越伊勢丹ホールディングスグループの(株)三越伊勢丹通信販売と(株)JP三越マーチャンダイジング(JPMM)は、両社が運営する通販カタログ事業を2019年3月末で終了することが26日、通販通信の取材で明らかになった。

 

 

撤退の理由は「紙媒体による通販の経営環境厳しい」

 三越伊勢丹通信販売は、ファッションカタログ「三越カタログ」「時好(じこう)」、グルメ情報の「美味通信」、郵便局で配布する一部の通販カタログ誌などを発行するほか、カタログ掲載商品が購入できるオンラインサイトで商品を販売していた。三越伊勢丹通信販売は販売会社で、事業の運営者はJPMMだった。これらのカタログ誌とオンラインサイトは、19年3月末までで終了となる。

1 2

関連記事