2018.5.28

大阪屋栗田が楽天の子会社に、書店での書籍販売をサポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は25日、(株)KADOKAWA、(株)講談社、(株)集英社、(株)小学館および大日本印刷(株)(DNP)の5社とともに(株)大阪屋栗田(旧大阪屋)の第三者割当増資を引き受け、大阪屋栗田を子会社化したと発表した。社長には楽天の服部達也氏が就任する。

 

大阪屋栗田の物流基盤と書店ネットワークとの連携を強化

 増資後の出資比率は、楽天51%、KADOKAWA9.5%、講談社9.5%、集英社9.5%、小学館9.5%、大日本印刷9.5%、OSS1.6%となる。 楽天は14年11月、出版4社とDNPの合計6社で大阪屋栗田に資本参加して以来、筆頭株主(35.19%)として同社の経営に参画していた。

 

1 2

関連記事