2018.3.16

すべての原料が日本製、コスメブランド「ALL-J」の利用者が急増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキンケアブランド「ALL-J」(オールジェイ)を展開する化粧品の通販会社(株)季然堂は、すべての配合成分を日本製にした化粧品『ALL-J AJ モイスチャーゲルクリーム』を開発し、2017年12月に出荷数が3万本を突破するなど、利用者が急増している。保湿にこだわった独自性が強い商品は、国内に限らず、海外からの引き合いも増えているという。化粧品市場の競争が激化するなか、なぜヒット商品を生み出すことができたのか、季然堂の佐藤則雅社長に聞いた。

 

季然堂の佐藤則雅社長

 

世界に展開できる日本製の化粧品を開発

 ――会社設立の経緯について、お聞かせください。

 佐藤 私の父親は、地元で調剤薬局や介護事業などを経営しています。実家の会社を手伝う選択肢もあったのですが、世界に展開できる事業がしたいという願望があり海外に目を向け、より海外のことを知るために20代の頃にヨーロッパやアメリカ、アジアの国々を旅していました。海外で改めて気づいたのは、「日本の良さ」や「日本製品」の品質の高さです。

 

 メイドインジャパンの製品は品質が高く、現地での信頼も高かった。ただ、国産の商品のなかには、日本で製造したけれど、中身はほとんど海外のものであったり、日本製と言えるのか疑問がある商品も存在します。そこで、理想の日本製品を開発し、世界に打って出たいという意欲が沸いてきました。

 

 日本製の強みを活かすことができる「食品」か「化粧品」で、日本ならではの商品を開発することにしたのですが、母親と姉が化粧品メーカーに勤務していたことなどで馴染みがあり、知識もあった「化粧品」で、世界に出ていくことに決めました。リサーチを進めたところ、化粧品は数十種類以上の原料の組み合わせでできていますが、全成分日本製をコンセプトとした化粧品のブランドはまだ存在していないことがわかりました。そして、すべての配合成分が日本製の化粧品を開発するため、2014年6月に季然堂を設立したのです。

1 2 3

関連記事