2018.3.15

楽天のクラウドソーシング「楽天超ミニバイト」の狙いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は3月2日から、すぐに回答できるアンケートなどの簡単な作業を楽天会員に依頼できるクラウドソーシングサービス「楽天 超ミニバイト(以下、超ミニバイト)」を開始した。ユーザーは楽天のポイントアプリ「スーパーポイントスクリーン」上に表示される簡単な作業を行えば、「楽天スーパーポイント」を得ることができる。企業側は同サービスを利用すればマーケティング調査や事務作業を低価格・短期間で実施できるほか、楽天市場出店者であればタスクから自店舗への誘導ができるなど、メリットも大きい。楽天は、「超ミニバイト」によって「ポイント」と「楽天市場」の活性化を図る目的があるようだ。本稿では、「超ミニバイト」がEC事業者やユーザーにもたらすメリット、さらには楽天の狙いまでをひも解く。

 

好印象な画像を選ぶABテストなど、超簡単作業でポイント獲得

 「超ミニバイト」は、スキルや時間を要する「クラウドソーシング」や「リサーチ」サービスとは一味違うサービスなのだと言う。

 

「楽天 超ミニバイト」担当の福田英士シニアマネージャー(左)と、南部久美氏

 

 楽天の「超ミニバイト」担当者である福田英士シニアマネージャーは「画像のABテストで、どちらか好きな方を選ぶだけの作業や、アンケートを答えることによってポイントを得られる」と話す。『マイクロタスク』などと呼ばれるようなすぐに完了する簡単な作業が、お小づかいアプリ「スーパーポイントスクリーン」上に表示され、楽天会員はタスクをゲーム感覚でこなすことでポイントを得ることができる。

 

「スーパーポイントスクリーン」は100万DL突破

 会員は一回のタスクをこなすと数ポイントほどが付与され、1日にこなせるタスク量には上限が設けられている。「楽天超ミニバイト」の担当者である南部久美氏は「簡単な作業をコツコツやってもらうことによってポイントを獲得し、そのポイントは楽天グループのサービスで消費してほしい」と、楽天経済圏での相乗効果に期待をかける。

 

 同アプリは15年7月にリリースされ、18年1月までにダウンロード数が100万を超えているという。

1 2

関連記事