2018.2.21

たまごリピートで「チャットボット受注オプション」を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テモナ(株)は21日、リピート通販システム「たまごリピート」が、(株)PROFESSYが提供するチャット対話型フルオートメーション接客ツール「qualva」と連携し、新オプションサービスとして「チャットボット受注オプション Powered by qualva」を3月から開始すると発表した。

 

 

チャットボット接客でCVRをアップ

 「たまごリピート」は、ネット通販やカタログ通販の定期購入・頒布会業務に必要な管理業務(注文管理・カード決済・出荷・販促・分析など)を自動化するショッピングカート付き通販統合webシステム。これまでに約1000社の通販企業に導入され、リピートASPカートとして最多シェアを保っている。

 

 今回新たに追加するオプションサービスでは、ウェブサイトに訪れたユーザーを「qualva」を活用したチャットボットで接客。フォーム入力を丁寧にアシストすることで、離脱防止やコンバージョン率(CVR)の向上に役立てる。

 

 主な特長は、(1)自由な対話シナリオ設計、(2)入力しやすいUI、(3)見やすいダッシュボードなど。サービスやユーザーの属性に合わせてシナリオやレスポンスを自由自在に設計できるため、Botによる柔軟な接客が可能となっている。また、入力しやすい1問1答のフォームナビゲーションシステムにより、ユーザーの気分を損なうことなく、最後まで誘導することができる。他にも、ユーザーがどの項目で離脱しているのかが分かるグラフや広告効果測定結果など、顧客や広告代理店で共有できるダッシュボードを提供する。

 

 同社では今後、「qualva」のAIによる音声案内を採用する予定で、人間の声に近い自然な音声でシナリオを読み上げる音声案内を利用し、問い合わせ対応の自動化や効率化、コミュニケーションの多様化などを図る。

 

■「たまごリピート」

■「qualva」

関連記事