2018.2.20

働きがいのある会社に「メディプラス」「ワンスター」などが初選出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Great Place to Work(R) Institute Japan(GPTWジャパン)がこのほど発表した調査「2018年版日本における『働きがいのある会社』ランキング」に、通販業界から(株)セールスフォース・ドットコム、イケア・ジャパン(株)、DHLジャパン(株)、(株)良品計画などがランクインした。

 

大規模部門4位にセールスフォース

 「働きがいのある会社」調査は、従業員へのアンケートと会社へのアンケートより実施。評価手法・評価基準は世界各国で、従業員へのアンケートでは、社長・役員を含む従業員に対し、選択式設題58問、自由記述式設問2問による意識調査を行う。日本版は今回が12回目で、一定水準に達している135社が公表された。

 

 大規模部門(従業員1000人以上)では、4位にセールスフォース・ドットコム(選出回数4回)、8位にイケア・ジャパン(初)、12位にDHLジャパン(同6回)、23位に良品計画(同10回)を選出。中規模部門(従業員100~999人)では、24位にセプティーニグループ関連8社(同7回)、27位に(株)ラクーン(同2回)、36位にGMOペイメントゲートウェイ(株)(同3回)、38位に(株)プロロジス(同2回)、47位に(株)ラクス(初)が選ばれた。小規模部門(従業員25~99人)では、2位に(株)マルケト(同2回)、29位に(株)ロックオン(同7回)、36位に(株)メディプラス(初)、37位に(株)ワンスター(初)、49位にネクステージグループ関連4社(初)がランクインした。

 

 このうち小規模部門2位に輝いたマルケトの福田康隆社長は「今回の受賞は社内だけでなく、コミュニティ全体として、より良い社会を目指して切磋琢磨した結果だ。18年も自社の働きやすさや働きがいのみを考えるのではなく、世の中が働きがいに満ち溢れた社会になるよう、社員一丸となって努めたい」とコメントしている。

 

 

関連記事