2018.1.26

楽天がウォルマートと提携、「楽天西友ネットスーパー」開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)とウォルマート・ストアーズ・インク(本社:米アーカンソー州)は26日、日本と米国での戦略的な提携を結び、生鮮食品などをネット販売するネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」を7~9月中に開始すると発表した。また、米国ではウォルマート社の実店舗や「Walmart.com」で、「楽天Kobo」の電子書籍、電子書籍リーダーなどを年内に販売開始する。両社は同サービスの提供で、ネットスーパーのリーディングカンパニーになることを目指す。

 

 

楽天市場の人気商品もネットスーパーで販売

 「楽天西友ネットスーパー」は、ウォルマート子会社の合同会社西友と楽天が新会社を設立し、協同運営する。同サービスでは、西友ならではの圧倒的な低価格で生鮮食品を含めた日用品を販売。また、共働きの増加による時短ニーズの高まりを受け、カット野菜や半調理食品、ミールキットなどの簡単に調理できる商品の品揃えを充実させる。また、楽天市場で人気の食品も販売する。年内には首都圏をカバーするネットスーパー専用の配送センターを稼働させ、配送件数の拡大を図る。生鮮食品はこの配送センターから発送する。

 

 また、楽天のECノウハウを活用することで、利便性の高いサイトの構築、ビッグデータやAIの活用による最適な商品提案などを行い、サービスの利便性を向上させる。「楽天西友ネットスーパー」では、楽天の運営するポイントプログラム「楽天スーパーポイント」も利用でき、ポイントの貯蓄や利用も可能となる。

1 2

関連記事