2018.1.15

ビックカメラQ1は増収増益、ネット通販システムの刷新が奏功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ビックカメラが11日発表した2018年8月期第1四半期(16年9~11月)決算は、売上高が前年同期比5.2%増の1885億3500万円、営業利益が同23.2%増の30億1500万円、純利益は同31.3%増の19億9700万円と、増益に転じた。

オムニチャネルを含むネット通販事業を強化

 同社は第1四半期、グループをあげてインターネット通販システムを刷新。オムニチャネルを含むインターネット通販事業の強化に取り組んだ。 また、接客力・専門性の向上、新規事業の拡大、アフターサービスの強化に取り組み、生産性の向上に向けてグループのシステム統合効果の創出および物流改革に取り組んだ。

1 2

関連記事