18年ECトレンド、「音声ショッピング」に注目…Criteo調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏のマーケティング関連企業Criteo S.A.がこのほど発表した「2018年デジタルコマース&マーケティングの展望」レポートによると、18年に注目すべきコマースマーケティングトレンドとして「音声ショッピングの台頭」「ソーシャルコマースの相関性」などのキーワードが挙げられた。

 

 

「音声、SNS、O2O、動画」など8つの注目キーワードをピックアップ

 同社によると、今年注目されるのは(1)音声ショッピングの台頭、(2)ソーシャルコマースの相関性、(3)オフラインからオンラインへの販売の接続、(4)データコラボレーションの必要性の高まり、(5)製品フィード最適化の力、(6)GDPRとデータ管理の理解、(7)動画の戦い、(8)買収とパートナーシップの成長、の計8つのキーワード。

 

1 2

関連記事