2017.11.20

Amazon、川崎FCでロボティクスを学ぶ体験教室を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンジャパン合同会社は17日、川崎フルフィルメントセンター(FC)で、地元の小学生を対象とした体験教室を実施した。

 

 

『アマゾン ロボティクス』を題材に講義

 参加したのは、東高津小学校の5年生の生徒175人。体験教室では、Science(化学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を学ぶSTEM教育の一環として、AmazonのFCと『アマゾン ロボティクス』を題材とした授業を行った。

 

川崎FCは国内で初めて『アマゾン ロボティクス』を導入。入出荷時の荷物の移動をロボティクスが自動で行うことで、入出荷の工程処理時間を短縮・効率化を実現している。

 

 授業ではまず、川崎FCのサイトリーダー吉田憲司氏が、Amazonのグローバルビジネスについての説明。続いて、商品の棚出し作業や安全に作業するためのダンボールの運び方、商品を梱包する方法など3つの講義を行った。ダンボールの運び方を学ぶ講義で生徒たちは、荷物を運ぶ際に「テコの原理」が応用されていることなどを学習。学校で学んだ内容が実社会で役立っていることを肌で感じることができる内容となった。

 

 参加したある生徒は、「自分の買ったものが、たくさんの人たちの仕事によって届いていることが分かった」とコメント。同小学校の鈴木校長は、「生徒たちにとって、物流がどのように日本のインフラを支えているのか、また最先端の『アマゾン ロボティクス』について学ぶ良い機会になったと思う。実社会に即した体験型の授業を今後も取り入れていきたい」と感謝の言葉を述べた。

 

 これに対し吉田氏は、「本日の体験が子供たちの未来の可能性を広げる一助になればうれしい。子供たちがSTEMの分野についてより実社会に近い形で学べるよう今後も協力したい」と応えた。

関連記事