2017.11.14

DeNAQ2は減収減益、スポーツ事業好調もEC事業は赤字

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ディー・エヌ・エーが9日発表した2018年3月期第2四半期(4~9月)連結決算は、売上高に該当する売上収益が前期比4.2%減の733億1400万円、営業利益は同10.3%減の136億5800万円、同期利益は同6.7%減の108億6400万円となった。

EC事業は1億3500万円の赤字」

 スポーツ事業は(株)横浜DeNAベイスターズの入場者数が増加したことなどから増収となったが、ゲーム事業などが減収。EC事業では、旅行代理店サービスや決済代行サービスの取扱高は堅調に推移したが、オークションサービスの利用減少、「DeNAショッピング」「auショッピングモール」を譲渡したことなどから、売上収益が同16.5%減の80億200万円、セグメント損失が1億3500万円(前年同期は9億9400万円の利益)となった。なお、同社子会社(株)DeNAトラベルの17年3月期以前における一部取引に係る原価計上漏れなどの修正を、第1四半期連結累計期間に行っている。

1 2

関連記事