EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2020.09.14 通販会社

ヤーマン1Q、売上高は過去最高・純利益163%増…通販・海外が好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ヤーマン(株)がこのほど発表した2021年4月期第1四半期(20年5~7月)連結決算は、売上高が前年同期比60.6%増の87億5400万円、営業利益が同121.9%増の16億6600万円、純利益が同163.2%増の9億6100万円となった。

巣ごもり消費でテレビ通販が好調

 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の発令やその後の外出自粛などで、店販部門の売上が減少する一方、ECを中心とした通販部門をはじめ、直販部門、海外部門がそれぞれ売上を伸ばした。その結果、第1四半期では過去最高の売上高となるなど、前年同期に対して売上、利益ともに大きく上回った。

 テレビ通販会社向けの販売、カタログ通販会社向けの販売、インターネット専売業者向けの販売などを行っている「通販部門」は、売上高が前年同期比15.3%増の14億9500万円、セグメント利益は同22.6%増の6億2900万円。巣ごもり消費の好調を受け、地上波テレビ通販を中心に各販路とも売上を伸ばし、増収増益となった。

家電量販店などの店舗販売売上高は24%減

 家電量販店や大手百貨店、バラエティショップなどへの販売を行っている「店販部門」の売上高は前年同期比24.8%減の14億5100万円、セグメント利益は同37.6%減の4億100万円となり、減収減益となった。
 
 大手家電量販店向け卸売事業が、脱毛や痩身などのカテゴリで売上を伸ばしたものの、免税店向け卸売事業が大きく売上を落としたままとなったほか、大手百貨店・バラエティショップ向けの卸売事業も、店舗の休業や営業時間短縮の影響を大きく受けた。

直販部門も好調、インフォマーシャルが大幅伸長

 テレビショッピングの手法であるインフォマーシャルや雑誌、新聞、Webなどを用いた個人顧客への販売を行っている「直販部門」は、売上高が前年同期比203.6%増の32億9100万円、セグメント利益は同193.4%増の14億2500万円。Webによる売上伸長とともに、インフォマーシャルによる販売が大きく売上を伸ばし、増収増益となった。

 海外の通信販売業者や卸売業者、個人顧客などへの販売を行っている「海外部門」は、売上高が前年同期比159.5%増の23億8500万円、セグメント利益は同228.0%増の8億3900万円となった。中国国内のECの好調が売上を牽引し、増収増益となった。





ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。