EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2020.05.26 通販支援

コロナ禍でリアル店舗のEC参入急増、課題山積も「画像編集」効率化で解決へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<PR>

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受け、外食産業ではテイクアウトやデリバリーに参入する例が増え、ECの仕組みを使ったテイクアウトやデリバリー、EC物販への参入するなどリアル店舗販売業態全般でEC化が加速している。加えて、既存のEC・通販事業者も在宅勤務が広がり、働き方の大きな変更を余儀なくされている。この非常事態で、売り上げに直結しローコストかつ簡単に効率化できるEC業務である「商品画像の編集作業」に改めて注目が集まっている。本稿では、コロナショック下で新規EC参入や既存業務の効率化に向けた商品画像の編集業務を簡単かつ高品質にするコツをお届けする。




画像は店の顔!ショーケースに相当

 ECで商品を販売するにあたり、「商品画像」は、ユーザーに商品を購入してもらえるか、そして再び自店でリピート購入してくれるかどうかを左右する肝腎要の要素と言える。例えばテイクアウトやデリバリー、物販でEC参入を検討している飲食店の実店舗に置き換えると、メニューの写真や店頭ディスプレイのメニューサンプルに相当すると言える。それだけにユーザーが商品は買うかどうかを司る重要な要素なのだ。



 ユーザーは欲しい商品があったとき、まず商品画像を見る。その商品画像が、商品特性を把握しにくかったり、商品自体のディティールがわかりにくいものだった場合、購入可能性は低くなってしまうだろう。食品で言えば、「おいしそうか」など食欲を喚起しつつ、商品特性を正確に伝えられることが大事だ。商品のディティールがわかりにくい画像で販売してしまうと、仮に商品を買ってくれても、実物の色が写真と大きくかけ離れていたりすると、ユーザーはそのお店でリピート購入してくれる可能性が低くなってしまう。

ECのスタンダードは「白背景」

 それだけに商品画像は非常に重要だ。さらにECモールに出店する場合、プラットフォーム側の画像レギュレーションに沿った商品画像を用意する必要がある。近年は、「白抜き画像」と言われる、背景が白で商品本体がくっきりとみえる画像を推奨・強制するプラットフォームが増えている。




 例えば、Amazon.co.jpに出品したい場合、この「白抜き画像」があることが必須となる。また、eBayを活用して越境ECに取り組みたい場合もこの「白抜き画像」が推奨とされている。つまりECでは、ただ商品がわかる画像があればいいというわけでもないのだ。


「商品画像」は驚くほど手間の嵐

 人力で商品画像を加工する場合、どんな作業が必要になるか。まず商品を撮影したデータを加工ソフトにインポートする。そして色補正や画像の配置調整、余分な余白のトリミング、さらに画像をECサイトに掲載するのに適した大きさにリサイズしたりと沢山の作業が必要となる。画像の配置調整やトリミングは画像加工ソフトのガイドなどにしたがって進めればバランスの良いものを作り上げることが可能だろう。ただ、前提として画像加工ソフトの使い方にある程度精通している必要がある。また、色補正については精度の高めるには技術や高機能なソフトが必要となる。さらに、前述した「白抜き画像」が必要であれば切り抜き作業といった手間も発生する。



 ECが一般化し毎日当たり前のように見ているだろうECの商品画像だが、商売に適した商品画像をちゃんと用意するというのは恐ろしく手間がかかりノウハウを要する。時間もコストもかかる大きな仕事なのだ。撮影から一貫してプロに委託という方法ももちろんあるが、商品入れ替えの回転率が命である商材のECサイトであればスピード感が損なわれてしまう。

月3000円で高品質画像を作成し放題!

 ノウハウがなくても利用可能で、月3000円相当で何枚でも画像加工を行えるソフトウェアがある。それが『ECフォトアシスタント』(提供:市川ソフトラボラトリー)だ。フルタイムのパートタイマー1人の1日分の給料よりも安い金額で、月に何枚でもECの売り上げアップに貢献できる高品質な画像を加工できる。




 『ECフォトアシスタント』は<明るさ>、<コントラスト>、<ホワイトバランス>、<切り抜き>を自動で一括処理できる。簡単な設定をするだけで、写真を連続自動処理できる。ノウハウがなくても、最初の設定も市川ソフトラボラトリーが手厚くサポートしてくれる。露出やホワイトバランスは処理時に自動で調整されるため撮影自体の効率化にもつなげられる。一度設定を決めてしまえば、撮影時にカメラ設定を変更する必要もなくなるのだ。

 『ECフォトアシスタント』の年間使用料は3万6000円。1ヶ月あたりの使用料は3000円となっている。例えば、月に100枚程度の画像加工を行うショップであれば1枚あたり30円となる。月に100商品各1カット、50商品各2カット、25商品各4カットでも同様だ。利用料が固定であるため使えば使うほど加工単価を抑えられる。加工枚数が500枚なら6円、1000枚なら3円、3000枚で1円だ。

コロナ対策支援!今なら3カ月無料

 さらに現在、同社はコロナショックの影響を受ける飲食店など小売事業者、既存のEC事業者への支援策として『ECフォトアシスタント』の3カ月間無料で利用できる特別トライアルを提供している。






30年の開発歴史持つ企業が提供

 『ECフォトアシスタント』の魅力は使いやすさ・導入しやすさだけではない。開発元である市川ソフトラボラトリーは、高画質な画層加工ソフト『SILKYPIX』シリーズをメインに、様々なPC用グラフィックソフトを30年に及び開発・販売している企業だ。コンシューマー向けソフトだけでなく、教育機関向けのものも開発しており、画像加工におけるエキスパートが開発しているという安心感がある。


「正確な色再現」にも自信

 同社が操作性と合わせて大事にしているのが「正確な色再現」だ。色味が正確な写真は返品率改善はもちろん、購入の後押しを期待できる。その「正確な色再現」を可能とするのが、同社が『SILKYPIX』で培った数々の高画質技術の搭載である。画像を未加工のRAW(生データ)から画像を編集するため、色味を正確で美しい仕上がりにすることができる。



 上記の写真の中では、右下の「RAWデータ+ColorChecker」と記載された画像が、6枚の中で一番実物と近い色味の画像となる。中央上と見比べてみると「JPEGデータ自動補正後」では明らかに色が違うので消費者の誤認を誘う恐れがある。『ECフォトアシスタント』を使えば、こうした色味が正確な画像の自動生成可能だ。

AIによる補正機能も搭載

 正確な色表現を力強くに支えるのが「AIカラーマッチング機能」の搭載だ。商品撮影時の照明の違いを自動で補正でき、実物の色と限りなく近い色の再現を可能にする技術だ。


 いい写真を撮影するのに、ライティング(照明)が重要。そのためには、撮影時点で高価な照明器具を使用することもあるが、『ECフォトアシスタント』はAIによりColorCheckerを自動認識して補正するため、商品撮影時ごとの照明の違いを吸収し、あらゆる商品の正確な色と明るさを表現できる。その威力は下記の写真からもみてとれる。





 上記の写真では、右端が一番実物と近い色味となる。JPEGデータ、ColorCheckerを利用しないRAWデータ自動補正のみと色の差が出ることが一目瞭然だ。 RAWデータから正確な色表現をさらに支えるのが「AIカラーマッチング機能」の搭載だ。端的に言えば、同機能によって商品撮影時の照明の違いを自動で補正でき、実物の色と限りなく近い色の再現をする。


 セキュアな高速処理も特徴のひとつだ。インストール型のソフトウェアであるため通信の影響などは一切受けない。画像処理はすべてソフトウェアをインストールしたPC内で行われるため高速処理が可能。外部にデータを出す必要もないため、発表前の製品写真など機密性のある画像の処理にも最適と言えるだろう。

 
 繰り返しとなるが、『ECフォトアシスタント』の年間使用料は3万6000円。1ヶ月あたりわずか3000円相当だ。今なら『ECフォトアシスタント』の3カ月間無料で利用できる特別トライアルを提供している。



 

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。