EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2020.05.13 調査・統計

緊急事態宣言後に「お取り寄せ通販」の検索が急増…ヤフー食トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ヤフー(株)は12日、自社の事業者向けデータソリューションで、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が「食のトレンド」に与えた影響を探った自主調査レポートを公開した。「Yahoo!検索」のビッグデータをもとに分析した。


「美味しいものが食べたい」の検索キーワードが急伸

 外出自粛の要請で、実店舗での買い物が難しく消費活動が落ち込む中、それでも伸びてきて「いるニーズはないか――。意外にも、幅広く存在していることが分かった。

 4月7日の緊急事態宣言以降、急激に伸びた検索キーワードがある。それは「美味しいものが食べたい」だった。外出自粛やテレワークの推奨などで、自宅で過ごす時間が多くなっていた時期。4月までは例年と変わらない検索数で推移していたが、4月に入って急激に増加した。

テーマは「高級」「スイーツ」「支援」

 検索数が伸びた一つ目のテーマは「高級」。さまざまな高級食材や料理の「通販」「取り寄せ」が伸びた。「高級食材 通販」「ウニ 通販」「いくら 通販」「うなぎ 通販」「牛タン 通販」「マスクメロン」などだ。一部、「母の日」による増加もあるが、昨年と一昨年の推移と比較すると一目瞭然。それだけではない明らかな伸びを見せている。



 テーマの二つ目は「スイーツ」。「スイーツ お取り寄せ」「ケーキ 通販」「プリン お取り寄せ」「マカロン 通販」「和菓子 お取り寄せ」などのキーワードだ。「母の日」ニーズに加えて、自宅でできる数少ない変化や刺激、外出や外食などが減ったことによる出費の低下、長引く自粛でのストレス解消など、さまざまな要因によるものと推測される。



 そして、三つ目。テーマは「支援」だった。「コロナ 支援 通販」「お土産 通販」「お菓子 詰め合わせ」「フードロス 通販」などの検索キーワード。二つのテーマと同様に、自粛要請や休校、緊急事態宣言などによって、行き場を失った食材や食品を購入したいというニーズだ。中には通常で買うよりも安く販売されているものもあり、4月以降、急激に検索数を伸ばしている。



 ヤフー・データソリューションは、公開したデータを含めて個人を識別できるデータ (パーソナルデータ)は、同意がない限り外部に提供することはないとしたうえ、今後も、新型コロナウイルス感染症対策やその影響の分析に役立つレポートやデータを発信する考えを示している。





ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。