EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2020.01.20 通販会社

ディノス・セシール、自然言語AI搭載アドネットワークのスリーアイズに出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 (株)ディノス・セシールはこのほど、次世代型のネット広告配信サービス事業を展開するスタートアップ企業(株)スリーアイズに対し、第三者割当増資引受により出資することを明らかにした。スリーアイズは、自然言語AIを搭載するアドネットワーク「CANDY」を運営する。ディノス・セシールの出資企画第5弾となる。



CANDYはクッキーなしで最適化運用


 CANDYは、個人情報保護規定やITPによるcookie参照制限で影響を受ける既存の運用型ディスプレイ広告サービスとは異なり、cookieを参照せず、高精度な記事ターゲティングと最適化運用を全自動で行うネット広告配信サービスだ。独自開発の自然言語解析AIによる配信効果解析で、他のcookie参照方式と同等以上の集客力や新規獲得率を実現している。


記事本文と商品の相性を言語分析

 もう一つの大きな特徴は、広告配信先となる記事メディアサイトの記事本文と、クライアントの商品やサービスの相性を言語分析することで、クライアントごとの潜在ユーザー層の興味や関心、好相性ユーザー層のペルソナの可視化などといったユニークな付加価値機能を有していることだ。

自然言語の解析技術を評価

 通販事業のチャネルとしてECの割合が増しているディノス・セシールは、こうした技術とサービスを評価。Webコンテンツの内容そのものの解析を重視することから、Webユーザーに対して本当に価値のある情報を届けることを可能とする新たなソリューションだとし、既存顧客にはもちろん、新規顧客に対するアプローチとしても非常に有効としている。

 最先端の事業領域に積極的な投資を行っているディノス・セシールは、スリーアイズの優れた自然言語解析技術は、国内でもトップクラスと判断。その技術力を広告事業へと落とし込んだことで、ビジネスとしての成長性の高さも勘案し、資金調達に応じることにしたという。

スリーアイズ「AI企業として認知してもらいたい」


 スリーアイズの森永康平CFOは、「コア技術の自然言語解析は通販事業と相性がよく、大量かつ豊富な商品に対して適切な広告配信をしていくことで、今後はCANDYの精度がさらに向上することが期待される。2020年はアドテク企業としてではなく、AI企業として認知してもらえるようしたい」とコメントしている。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。