EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.12.12 ECモール

WEBサイトユーザーランク、Amazon2位・楽天市場3位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 (株)ヴァリューズがこのほど発表した「Webサイト&アプリ市場のユーザーランキング2019」
によると、年間トップWebサイトはGoogle、2位はAmazon、3位は楽天市場だった。調査は1~10月までの集計。ネットユーザーの行動ログや属性情報などに加え、同社のマーケティングノウハウとIT先端技術を活用してまとめた。


Amazonと楽天市場が拮抗

 「Webサイト」の訪問者数を「ショッピング」のカテゴリを中心にみると、2位にAmazon、3位に楽天市場の2大ショッピングモールがランクインした。両社のユーザー数は拮抗しており、PCとスマホを合わせた延べ訪問人数は、どちらも1億1240万人台だった。1位は「検索」カテゴリのGoogleで、上位3社の日常利用の定着ぶりが改めて示された形だ。

 「Yahoo!ショッピング」は11位に入った。4位に「Yahoo!JAPAN」、7位に「Yahoo!ニュース」など、関連サイトも複数ランクインしており、Yahoo!の根強い人気がうかがえる。

 よく使われている「スマホアプリ」のランキングでの「ショッピング」カテゴリでは、「Amazonショッピング」が3位に入り、5000万人弱が利用していた。続いて、約4200万人の「楽天市場」が9位、10位に3700万人台半ばの「「dポイントクラブ」、11位に約3300万人の「メルカリ」がランクインした。


!nextpage!

アプリ利用者の伸長率で「PayPay」が1位

 「Yahoo!ショッピング」(2350万人)は22位だったが、5位に「Yahoo!JAPAN」(約4665万人)が入るなど、アプリでもニュースや天気、乗換案内、ショッピング、メールなど、さまざまなサービスがランクインしていた。ちなみに、1位は「通信」カテゴリの「LINE」(約9300万人)、2位は「ニュース&雑誌」カテゴリの「Twitter」(約5280万人)だった。




 昨年と比較して利用者数が伸びたアプリのトップは、スマホ決済アプリ「PayPay」だった。18年10月にサービスを開始したため、19年の前年比は驚異的な伸び率となっている。ほかには通信キャリア系決済アプリの「d払い」も前年比で約4倍に伸びており、「楽天ペイ」「Google Pay」など、全体的にスマホ決済アプリが躍進した。


ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。