EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.11.07 ECモール

メルカリ総合研究所が誕生!シニア参画など二次流通の可能性探る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)メルカリは6日、フリマアプリが社会や消費行動に与える影響や二次流通市場の可能性について調査・研究を行う、新組織『メルカリ総合研究所』を設立したと発表した。

 

 

二次流通&フリマ市場研究調査のため、外部有識者とともに設立

 これまでメルカリでは、各種の調査を通じて、フリマアプリによる消費行動の変化、新たな消費スタイルの誕生、生活者の意識変化などを明らかにし、消費者や企業に新たな発見をもたらすための活動を行ってきた。

 

 5月に経済産業省がまとめた「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、2018年度のフリマアプリ市場規模は6392億円で、調査が始まった16年度と比べて約2倍に成長。今後も、市場拡大に伴う消費行動や意識の変化はさらに多様化し、そのスピードはより加速していくことが考えられる。

 

 メルカリは、さまざまな専門性をもつ外部有識者とともに、さらなる調査・研究を行うことによって二次流通市場の可能性を追求し、より豊かな社会の実現に資する活動を促進していくことを目的に、メルカリ総合研究所を設立したという。

 !nextpage!

生活者の意識などに視点を置いた研究活動

 フリマアプリの社会的影響から、その先にある循環型社会が未来にどのような影響をもたらすかを研究。「社会」「次世代消費」「生活」など、さまざまな視点から研究を行い、生活者の意識や行動の変化はもちろんのこと、次世代の「豊かさ」について新たな視点を見出していくための活動を行っていくとしている。

 

 「二次流通市場を起点とした、豊かな社会の可能性を追求する」――。こんなミッションを掲げた『メルカリ総合研究所』には、東京大学大学院医学系研究科の近藤尚己・准教授と、慶應義塾大学大学院経営管理研究科の山本晶・准教授を「共同研究パートナー」として招へい。
さらに、学術機関・企業・自治体・団体などからの共同研究パートナーを募っている。

 

既決の共同研究にはフリマアプリによる「シニアのコミュニティ参画」など

 すでに決まった近藤・准教授との共同研究テーマは、「フリマアプリ×パブリックヘルス」。フリマアプリ活用によるシニアのコミュニティ参加および活性化による健康促進効果の検証だという。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。