EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.10.16 通販会社

ロコンド中期は増収減益、下期に「PayPayモール」出店へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 (株)ロコンドが15日発表した2020年2月期第2四半期(19年3月~8月)決算は、売上高が41億5600万円、3億3000万円の営業損益、3億5400万円の純損益となった。

「2020年2月期_第2四半期決算説明資料」から

 

全事業の商品取扱高は90憶2200万円

 連結ベースによる全事業の商品取扱高(返品後)は90憶2200万円。売上高とともに前年同期を大幅に上回ったが、認知度向上を目的としたテレビCMなどの広告宣伝費を積極的に投下したことにより、販売費及び一般管理費は35億7200万円余を計上した。

 

 EC事業(返品前)は、構成比60%を上回る靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」、楽天市場、Yahoo!ショッピングなど他社モールへの出店をあわせ、出荷件数は98万6768件、出店ブランド数は2365と順調に増加した。6~8月の返品率は25%と過去最良水準。その結果、商品取扱高(返品後)は 67億6000万円、売上高は31億5585万円となった。

 !nextpage!

「PayPayモール」出店へ

 他モールでのECサービスは、LOCONDO.jpが弱いセグメント(メンズ、スポーツなど)を補完。返品送料は利用者負担とし、LOCONDO.jpより割引率を下げるなどで、安定的な利益率を確保した。上期のYahoo!ショッピングでも成長率は61%増を記録。下期は新設の「PayPayモール」への出店も計画している。

 

 ブランドの自社公式EC支援(BOEM)、倉庫受託(e-3PL)、店舗の欠品及び品揃え補強(LOCOCHOC)などのプラットフォーム事業については、商品取扱高(返品後)が16億2720万円、売上高は4億6317万円となった。BOEMはLOCONDO.jpの新機能を無償アップデートし、高機能を維持。e-3PLの受託在庫はLOCONDO.jpで同時販売し、在庫回転率を加速させた。LOCOCHOCは小田急、京急の両百貨店との公式利用契約を締結した。

 

 ブランド事業については、EC事業とプラットフォーム事業のサービスを活用し、自社でブランド運営を行っている。主な取扱ブランドは「MANGO」、Misuzu & Co.が扱う「Vanity Beauty」「Bell Florrie」などで、商品取扱高(返品後)は6億3541万円、売上高は5億3758万円となった。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。