EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.09.05 通販会社

ジャパネットたかた、10月1日から価格表示を「税込価格」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通販大手の(株)ジャパネットたかたは4日、消費税率が10%に引き上げられる10月1日より、商品の価格表示をすべて「税込価格」へ変更すると発表した。

 商品の価格表示については、2021年3月以降は税込表示(総額表示)に変更することが義務付けられている。ジャパネットは利用者にとってより分かりやすい価格表示をめざし、期日まで日はあるが、「このタイミングで税込価格へ変更することにした」としている。

 

安さ訴求のジャパネットが税込み総額表示へ

  総額表示とは、消費者に商品の販売やサービスを行う課税事業者が、値札やチラシなどで価格を表示する際に、消費税額を含めた価格を表示することをいう。

!nextpage!

 政府は2004年、店頭表示について「税込み」の総額表示を義務化している。しかし、消費税率8%への引き上げを翌年に控えた13年に、小売店などの値札張り替え負担を考慮し、特例として「税抜き」表示を認めた。この特例措置の期限が21年3月となっている。

 

 買い手にとっての分かりやすさを優先するか、「税抜き」で少しでも安さを打ち出すか。8%から10%へと、消費税率が初めて2けたになることにより、価格改定の表記をめぐって小売業者の判断と対応はさまざまだ。

 

チェーンストア協会・アパレル業者などはジャパネットと異なる対応も

 こうした中、ジャパネットとは異なる対応を決めた企業も少なくない。14年の引き上げ時は税込表示を維持する実質値下げで応対したが、今回は税抜き価格との併記を決めた総合衣料品販売業がある。少しでもお得感を強調する対応だ。一方で、今回も消費税率アップに伴う価格変更はせず、従来の税込価格も変更しないというアパレル業者も。

 

 チェーンストアを営む小売業法人でつくる日本チェーンストア協会は「総額表示は価格設定の自由を制約し、個人消費が依然として伸び悩む中にあって価格のデフレ化を促進する要因にもなっている」として、総額表示方式の義務付け廃止を求めている。 

 

 ジャパネットは、分割金利手数料を負担するサービスや、商品が届いた日から快適に使ってもらえるセット販売など、さまざまなサービスの提供に取り組んでいる。一方、表示価格に関しては18年10月、値引き前の価格を高く表示し、販売価格がより安く感じるように宣伝したとして、消費者庁が再発防止を求める措置命令を出した事例もあった。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。