EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.06.18 通販支援

ecbeing、導入企業1200社突破…11年連続シェア1位に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ecbeing(イーシービーイング)は17日、18年度の国内ECサイト構築実績が1200サイトを突破したと発表。あわせて、富士キメラ総研社が発行する富士マーケティング・レポート「ECサイト構築パッケージソリューション市場占有率調査」で47.1%と、11年連続シェアNo.1を獲得したとも発表した。

 

 

アパレル/健康・美容品関連のシェア約50%

 パッケージ製品「ecbeing」に加え、クラウド・SaaS型の「メルカート」が好調に推移。カテゴリ別では、アパレルは前年比1.9%増の51.1%、健康・美容品関連は同3.9%増の46.4%と、大きくシェアを伸ばした。

 

 

 「ecbeing」および「メルカート」の機能拡充として、18年に健康・美容品関連のEC販売に必須となる複雑な定期購入機能、ステップメールなどのCRM機能を拡充。「単品・リピートASPカート」では実現できない独自のサービスを提供している。

!nextpage!

 さらに、「次世代オムニチャネル」推進の一環として、実店舗との連携による顧客統合・在庫の一元化をはじめ、BIプラットフォーム販売を手掛けるTableau Japanとの協業、ECサイトの購買データと実店舗の購買データを統合、リアルタイム性の高いデータ連携などを実施。顧客の状況を瞬時に把握可能となるDMPサービス「「Sechstant(ゼクスタント)」の提供を開始した。

 

ECサイト構築ソリューション市場は165億円

 富士キメラ総研社によると、18年度のECサイト構築ソリューション市場規模は165.5億円で、5年後の23年には267億円に達すると予想。中でもクラウドECソリューション(SaaS)の伸び率が高く、市場規模は18年の35億円から、2倍以上の74億円に達する見通し。

 

 カテゴリ別では、アパレルの割合が最も多く、越境ECの展開や実店舗との連携を中心としたオムニチャネルの推進など、多角的に展開をする企業が目立っている。加えて、アプリ連携やSNSを活用した新たな施策の影響が、市場規模の拡大の要因となっていると分析している。

 

 

■ecbeing

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。