EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.04.27 通販会社

千趣会1Q、事業縮小で減収も資産売却などで黒字に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)千趣会が25日に発表した19年12月期第1四半期(1~3月)連結決算は、売上高が前年同期比21.4%減の209億5200万円、3億9500万円の営業損失(前年同期は14億5400万円の営業損失)、純利益が69億7400万円(前年同期は15億6500万円の純損失)と黒字に転換した。

通販事業で在庫縮減・人件費適正化を実施

 第1四半期は、通信販売事業の事業規模適正化により売上高は減収となったが、利益面では売上原価率の低減、販売費および一般管理費におけるコスト削減を実施したことにより、営業利益での損益改善が進み赤字幅が縮小。固定資産売却益および投資有価証券売却益の計上などにより、最終損益は黒字となった。

 

 カタログ・インターネットを中心とする通信販売事業は、売上高が同28.2%減の152億8800万円を計上。在庫縮減・人件費適正化などの施策の効果が19年度に入って現れたこともあり、営業損失は2億6500万円(前年同期は13億1800万円の営業損失)に縮小した。

 

 同社では通信販売事業を中心に、次の改善施策を今後も継続する。

!nextpage!

  • 事業規模の適正化(商品型数の削減/在庫の縮減等)
  • オペレーション改革(生産リードタイムの短縮/正価販売割合の向上/余剰在庫の抑制/仕入先との協業強化等)
  • カタログ起点での集客モデル再構築(アナログ・デジタル連携型集客モデルの構築/媒体計画・配布方法の見直し/デジタルマーケティング・Web接客の進化による接客品質の向上等)
  • 組織・人員体制の見直し(組織の統廃合/希望退職の実施等)
  • コスト削減・資産処分(部門機能集約等)
  • グループ会社の再編(機能系子会社の集約/大阪本社売却等)

 

通期予想を54億円に上方修正

 最近の業績の動向等を踏まえ、19年2月8日に公表した19年12月期(19年1月1日~12月31日)の業績予想を修正。純利益を前回予想の42億円から54億円(※前回発表との比較で25.6%増)に上方修正する。修正の理由については、売却を計画していた株式が、当初想定を上回る投資有価証券売却益で計上されたこと、関係会社株式売却益を計上したこと、資本金の額の減少に伴う繰越欠損金の控除割合の増加による法人税などが減少する見込みであることなどを挙げている。

 

■千趣会

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。