EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.11.01 ECモール

ヤフー2Qは増収減益、PayPay軸にリアルへの進出を加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフー(株)が10月31日発表した2019年3月期第2四半期(4~9月)連結決算は、売上収益が前年同期比8.6%増の4650億1800万円、営業利益が同12.5%減の831億1200万円、四半期利益は同18.5%減の551億4700万円となった。

 

 

販売促進費・人件費などの増加で減益

 広告売上収益や、アスクルグループの売上収益が増加したこと、(株)ジャパンネット銀行を子会社化したことなどで増収となった。利益面は、販売促進費・人件費、減価償却費などが増加したことや、前年度の第1四半期にアスクル(株)の保険金収入があったことなどにより、前年同期を下回った。

!nextpage!

 メディア事業は、検索連動型広告売上収益の増加により、売上収益が同5.4%増の1473億円、営業利益が同1.4%減の720億円だった。利益減は主に販売促進費の増加が要因となっている。

 

月間ログインユーザーID数は、前年同期比10%増の4587万人。ログインユーザーの利用時間は同12%増の25億時間で、スマートフォンからのアクセスが0.3ポイント増加している。

 

 

EC取扱高は10%増の9318億円

 「Yahoo!ショッピング」「LOHACO」「ヤフオク!」や決済金融関連事業を含めたコマース事業は、アスクルグループやワイジェイカード(株)の売上収益や、「Yahoo!ショッピング」の広告売上収益が増加。売上収益は同12.7%増の3163億円、営業利益は同27.9%減の311億円となった。利益減については、アスクルグループの新物流センターの地代・償却費の増加、物流変動費比率の上昇、新たな挑戦への費用の投下などが響いた。

 

 

 eコマース取扱高(物販)は、前年同期比10.7%増の9318億円を計上した。ショッピング広告売上収益は同28%増の71億円だった。

 

 同社は10月5日に、ソフトバンクとの共同出資で、PayPay(株)を設立し、モバイル決済サービス「PayPay」を開始した。PayPayでは今後、購買履歴・行動ログの活用やリアル店舗とネットの購買を統合管理し、「PayPay」を活用した新たな「オフライン販促ソリューション」を提供する予定。ネットとリアルを融合させ、リアルへの進出を加速させ、新たな事業を開始する。 

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。