EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.10.31 通販会社

ファンケルQ2、営業利益は89%増…店舗売上が急増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ファンケルが30日発表した第2四半期(4~9月)決算は、売上高が前年同期比16.3%増の602億8800万円、営業利益は同89.6%増の70億8200万円、純利益は同95.1%増の48億5000万円となった。

 

 

 第2四半期では、国内需要が堅調に推移したほか、インバウンド需要により主力の化粧品関連事業、栄養補助食品関連事業が大幅な増収を達成した。利益面では、宅配運賃の値上げによる物流コストの上昇や、業績向上に伴う人件費の増加があったものの、増収効果により大幅な増益となった。

!nextpage!

通販と店舗の売上が同等レベルに

 通信販売は、同2.2%増となる223億4600万円を計上。構成比は店舗販売を若干上回る37.1%となった。店舗販売は同33.4%増の220億1100万円となった。通販売上高の内訳は、化粧品関連事業が同1.2%増の131億円、栄養補助食品関連事業が同7.2%増の69億3800万円、その他事業が5.1%減の23億700万円。

 

 製品別では、化粧品関連事業のファンケル化粧品で、限定デザインボトルを発売した『マイルドクレンジングオイル』や基礎化粧品などの主力製品が好調。14.3%増の276億200万円となった。アテニア化粧品は、同6.7%増の56億4700万円、boscia(ボウシャ)は、9.8%減の14億1000万円。栄養補助食品関連事業では、『内脂サポート』『ディープチャージコラーゲン』『年代別サプリメント』などが好調だった。

 

中期経営計画の数値目標を上方修正

 同社では、これらの業績を踏まえ、今年3月23日に公表した第2期中期経営計画(18~20年度)の数値目標を上方修正。連結売上高を当初目標の1260億円から1400億円に、連結営業利益を126億円から180億円に修正した。修正の理由について同社は、「旺盛なインバウンド需要や、化粧品関連事業・栄養補助食品関連事業の国内売上が計画を上回る進捗となっている」ことを挙げた。また、計画を上回る売上増への対応と、今後の需要拡大を見据え、工場・物流センターの新設を前倒しで計画する方針も明らかにしている。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。