EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.10.15 通販支援

ヤマト、ベルヘリコプターと空輸で協業…専用の空輸ポッド開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマトホールディングス(株)(以下、ヤマトHD)は12日、米国テキストロン傘下でヘリコプターの開発などを手掛けるベルヘリコプターと、新たな輸送モードの構築に向けた基本合意書を締結したことを明らかにした。

 

 

ベルの「空」とヤマトの「陸」のノウハウを融合

 これにより、ベルヘリコプターが得意とする「空」と、ヤマトHDによる「陸」のノウハウを融合させた新たな空輸サービスを創出する。eVTOL機(Electric Vertical Take-Off and Landing:電動垂直離着陸機)を活用した物流領域でグローバルリーダーを目指す。

!nextpage!

最大積載量453kgとなる大型機の開発も着手

 今回の協業で、ベルヘリコプターはAPT(Autonomous Pod Transport:自律運航型ポッド輸送機)本体の設計・開発・製造を担当。時速160km以上での飛行や、小型機で7kg、大型機で453kgとなる最大積載量の実現に向けて取り組む。一方、ヤマトHDは、幅広い物流業務でのノウハウを活かして、APTに搭載するポッド(外装式輸送容器)を開発。離陸時は垂直方向、移動時には水平方向に飛行するテイルシッター型の電動垂直離着陸機に搭載可能な性能が求められる。

 

 両社は、19年8月までにAPTの飛行およびとポッドの機能デモンストレーションを実施する予定で、2020年代半ばには実用化したいとしている。

 

 ベルヘリコプターのスコット・ドレナン氏は今回の提携について「わが社の専門技術を活用することで、既存の民間物流のあり方を変革できる。さらに両社の協力を通じて、新たな空の輸送モードの構築を実現し、将来の大規模物流の先例を世界に示したい」とコメントしている。

 

■ベルヘリコプター(日本語サイト)

 

■ベルヘリコプター(英語サイト)

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。