EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.07.17 ECモール

楽天、ドローンハイウェイで弁当配達に成功…専用アプリも開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は12日、ドローン配送アプリを自社開発し、片道3kmの自立飛行による弁当の配達に成功したと発表した。東京電力ベンチャーズ(株)と(株)ゼンリンによって開発された埼玉県秩父市の「ドローンハイウェイ」上のコースで実証実験を行った。

  

送電線などのインフラデータと地図データ掛け合わせ、安全飛行ルートを割り出し

 「ドローンハイウェイ」とは ドローンが安全に飛行できるルートのこと。東電ベンチャーズとゼンリンが2017年3月から、同構想の実現に向けた取り組みを開始した。東電グループの「送電鉄塔、送電線、変電所、電柱など」のインフラデータと、ゼンリンが開発する「空の三次元地図」を組み合わせ、ドローンが安全に飛行できるルートを割り出す。安全飛行に向けた技術を共同開発している。

!nextpage!

 楽天は、実際にドローン配送を実施する事業者として、東電ベンチャーズとゼンリンの取り組みに参画。埼玉県秩父市で行われた実証実験では、「楽天ドローン」が送電設備から安全な距離を保ちながら片道3kmの距離を飛行し、地元住民への弁当配達に成功した。

 

 「ドローンハイウェイ構想」はドローンの安全飛行技術を確立するためのもので、今回の実証実験の成功を経て、社会実装の段階に入る。最終的には「安心・安全な空の道」として、各事業社がドローンを使用するルートとして提供すること目指す。実際のビジネス展開についてはまだ検討段階で、具体的なプランは決まっていない。基本的には山間部での利用を目指しているが、ドローンハイウェイとゼンリンのデータや電線などを活用して、都市部への配送も見据えている。
 

 楽天はこれまでドローンに関する実証実験を積み上げてきた。楽天の安藤公二常務執行役員は「規制が多く、ドローンの実証実験ができる場は少ない。(ドローンハイウェイの)テストコースはありがたい」と語り、今後はテストコースを利用した実証実験を見込んでいることを明らかにした。「ドローンハイウェイ」の計画では、18年は複数のテストコースを開設する予定。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。