EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.03.05 ECモール

中国越境EC、最大規模は「天猫国際」…市場シェアは27%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アリババグループがこのほど発表した「2017 Tmall Global Annual Consumers Report」によると、17年は天猫国際が引き続き、中国最大の越境ECプラットフォームとしてのポジションを維持した。

 

 

天猫国際の市場シェアは27.6%、ユーザー数3年連続3倍

 同レポートは、アリババグループの越境ECプラットフォーム「天猫国際」と、ビッグデータをベースにしたリサーチおよびマーケティング戦略プラットフォームを提供するBCNデータが共同で発表したもの。

 

 同レポートによると、「天猫国際」の市場シェアは27.6%(※17年第4四半期時点)で、中国国内最大規模を維持。ユーザー数が15年からの3年間で3倍に増加したほか、年間取引量が20%ずつ成長していることから、19年までに市場規模は6200億元にまで拡大すると予想している。

!nextpage!

最人気カテゴリーは「美容製品」、日本も輸入国トップ5以内

 天猫国際は現在、17年には68カ国1万6400以上のブランドを取り扱っており、輸入国は日本・アメリカ・オーストラリア・ドイツ・韓国が上位5カ国に。最も人気のあるカテゴリーは美容製品で、続いて食品・サプリメント、ベビー・マタニティ用品の順となっている。

 

 輸入国別の人気製品カテゴリーは、日本製品ではおむつ・ベビー用品、美容製品・パーソナルケア用品、アメリカ製品では健康食品・サプリメント・ベビー用品・カバン、オーストラリア製品では健康・栄養食品・ベビー用品・大人用粉ミルク、ドイツ製品が粉ミルク・ダイエット・栄養サプリメント・カッ・ケトル、韓国製品では美容製品・パーソナルケア用品・化粧品など。17年は売上上位3カ国以外からの製品の売上が初めて50%を超え、従来の輸入国ではない国の製品が求められていることも分かった。

 

18〜27歳による売上高40%に上る

 また、1990年代生まれのいわゆる「ポストミレニアル世代」(18歳~27歳)の消費者が天猫国際のユーザーの50%を占め、売上高の約40%を生み出していることも明らかに。同年代が輸入製品を購入する大きな要因は、(1)新製品を試したい、(2)高価な製品を持ちたい、(3)歳を重ねることへの不安、などであると推測している。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。