EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2016.06.21 調査・統計

「機能性表示食品」の認知度は8割、購入者は2割…電通調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラフ(株)電通が20日発表した「機能性表示食品に関する消費者意識調査2016」によると、機能性表示食品制度の認知度は80.4%、1年以内の購入者は21.6%に上った。

 

 同調査は20~60代の男女1000人を対象としたインターネット調査で、昨年に続き3回目となる。

!nextpage!

 機能性表示食品制度・機能性表示食品の認知度は、「制度の内容を知っている」(7.5%)、「ある程度、制度の内容を知っている」(26.5%)、「名称を聞いたことがある程度」(46.4%)で、合計すると80.4%となった。前回の調査(79.1%)より1.3%認知度が向上した。

 

 1年以内の購入者は21.6%。男性は24.9%、女性は18.3%となり、購入率は男性の方が高かった。

 

 機能性表示により魅了が高まる商品は、「ヨーグルト・ヨーグルト飲料・乳酸菌飲料」が51.5%、食用油が46.2%、お茶が46.1%となった。

 

 スーパーフードの認知度は全体で5割(女性6割・男性4割)を超え、20代女性での認知度が高かった。3カ月以内に摂取したことがある食品は、トップが「ココナッツオイル」(65.5%)で、2位は「アサイー」(61.3%)となり、3位以下は「ザクロ」(57.7%)、「えごまオイル」(54.1%)、「ドラゴンフルーツ」(52.3%)、「チアシード」(47.4%)と続いた。

 

 機能性表示食品の購入者は女性より男性の方が多かったが、女性は機能性表示食品だけでなくスーパーフードなどの食材や食事の仕方など、さまざまな健康法・商品に関心が高く、実践している割合も男性よりも高いことが分かった。同調査では、男性は特定保健用食品や機能性表示食品の方が取り入れやすいが、女性は食材選びや食べ方など、さまざまな視点から工夫していると推測した。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。