EC・通販、ネットショップを支援するメディア

通販通信ECMOニュース・記事コラム産学連携授業「電子商取引」、なぜ人材教育が必要なのか(2)

2015.07.28 コラム

産学連携授業「電子商取引」、なぜ人材教育が必要なのか(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

競合分析で売上が15倍に

――4月には「競合サイト分析サービス」を開始しました。

長山 競合会社の分析は、事業者の課題の1つで、これまでコンサルしてきた経験からニーズが高いと感じていました。ネットショップの運営は、担当者が2人から3人で回しているパターンが多く、他社の市場分析まで手が回らず、市場を俯瞰的に見ることができていない傾向があります。「これがうちの売れ筋商品です」と言って、自信を持って商品説明をしてくれても、実は似ている商品やサービスなどがいくつかあって、その競合商品のことをわかっていないケースがよくあります。 純粋にその商品に自信があるのはいいのですが、他社のことを知らなくてはマーケティングができない。コンサルではマーケティングの初歩から説明することもあり、競合分析の部分をサービス化しました。

image

 

――競合分析はどのような手法で行うのですか?

長山 分析サービスでは、マーケティングツールを使用しています。分析ツールにはある部分が雑になったり、別の部分は精度が高かったり、ツールによって特長があります。92項目にわたる分析指標を掛け合わせ、10個ほどの分析ツールを使って、複合的に行っています。ベースになっているのは、やはり運営代行で得たノウハウです。

 

――競合分析によって成功した事例を教えてください

長山 競合分析から戦略化までをコンサルし、売上が2年で15倍になった事例を紹介します。おせち専門のEC事業を行っていたお惣菜のメーカーは「うちのはおいしいから」と自社商品にかなり自信を持っていました。ただ、おいしいのは前提条件で、どう差別化を図るかが重要。競合を分析して消費者のニーズを把握し、販売戦略を立てて展開したところ、年間1000万円だったEC事業の売上が、2年後に1億5000万円になりました。

この続きは、通販通信ECMO会員の方のみお読みいただけます。(登録無料)

※「資料掲載企業アカウント」の会員情報では「通販通信ECMO会員」としてログイン出来ません。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。